春節(旧正月)の大型連休(4〜10日)を利用し、中華圏から多くの観光客が沖縄に訪れている。中華圏では本来、親孝行を唱える儒教文化の影響で、旧正月は実家で両親と過ごす「家族だんらん」の時期とされるが、近年は生活様式の変化などで海外旅行をする人が増えている。