【山内紫織通信員】第69回ウチナーンチュ・オブ・ザ・イヤーの授賞式が1月19日、オアフ島のハワイ沖縄連合会であり、42人が受賞した。連合会前会長のコートニー・タカラさんは「この方々のボランティア精神と支援のおかげでハワイ連合会は成り立っている。先導役として活躍している皆さんに大変感謝している」と謝辞を述べた。

 昨年からハワイ青年クラブ「SHINKA(シンカ)」の会長を務める県系4世のカート長嶺さんは受賞に「とても光栄。この賞をいただけたのはクラブメンバー全員の頑張りがあったから。これからも若い世代が沖縄の文化を継承できるよう努力していきたい」と意気込んだ。

 シンカは連合会のクラブの一つで21〜39歳が加入できる。文化活動を通して若い世代のウチナーンチュコミュニティーを広げる取り組みをしている。

(写図説明)ウチナーンチュ・オブ・ザ・イヤーの受賞者