9日に宜野湾市の沖縄国際大で開かれた名護市辺野古の新基地埋め立ての賛否を問う県民投票のシンポジウム。基地問題について考え、動き始めた人たちが、それぞれの思いを胸に参加した。(1面参照) 「ウチナーンチュみんなが笑顔になるように、県民全員が力を合わせて頑張っていきましょう」。