陽明高校で1月、「数学者になってみる(RLA)」活動の発表会があった。生徒たちが自ら数学の問題を作って仮説を立て、それを証明し、成果を発表する。主体的に学びに向かう効果があり、発表会後には「数学のイメージが変わった」「話し合いながら取り組んだので楽しかった」との感想が上がった。