石垣海上保安部は8日午後、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違反(立ち入り検査忌避)の疑いで7日に現行犯逮捕した中国漁船の船長を釈放した。関係者から担保金の提供を保証する書面が提出されたため。