県内の年金事務所長や行政の担当者、識者らでつくる県地域年金事業運営調整会議(委員長・名嘉座元一沖縄国際大経済学部教授)が7日、那覇市内であった。年金納付率を上げるため、県内で特に納付率が低い若年層へのアプローチ方法などについて意見交換した。