沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄「見える」存在に 「標的の村」米上映

2014年4月3日 07:03

 セントラルパークの路面を春の雪解け水が流れる3月中旬。ニューヨーク平和映画祭で「標的の村」が米国で初めて上映されると知り、観客の反応を肌で感じたくて足を運んだ。

 マンハッタンのアッパーイーストサイドにある小さな会場の観客席が埋まると、暗闇のスクリーンにヤンバルの美しい自然が現れ、生活の場を守るために闘う沖縄人たちの姿が次々と映し出されていった。

 「標的の村」は、東村高江のヘリパッド建設反対運動を軸に、2012年9月のオスプレイ強行配備に反対する普天間の全ゲート封鎖までをつづった琉球朝日放送(QAB)製作のドキュメンタリー映画だ。

 政府は、高江を囲むようなヘリパッド建設に抵抗する住民を弾圧し、裁判では現場にいなかった子供を訴え、抗議する人々の頭上をクレーンで資材を運んで工事を強行。普天間では、腕を組み地べたに座り込む高齢者たちがごぼう抜きされていく様子を、銃を手にした兵士らが笑顔で眺める姿が映し出される。

 住民よりも米軍基地を優先する現状が綴(つづ)られていくなかで浮き彫りとなるのは、終戦後の今もなお、沖縄の人権は侵害され続けているという事実だ。沖縄と関わりはないが友人に誘われて見たというニューヨーカーの女性は、「長いこと米軍基地を押し付けてごめんなさい。米国人の一人として謝罪します」と自分の問題と捉えて話しかけてきた。沖縄の問題を沖縄だけにとどめず、映画が国境を取り払ったと感じた瞬間だった。

 映像は、時として物事を変えうる原動力となる。米軍内の性犯罪問題に焦点を当てたのは、元米兵被害者らの姿を綴ったドキュメンタリー映画「The Invisible War」だ。草の根レベルの自主上映会が全米で広がり、ワシントンでの上映会にはパネッタ国防長官(当時)も参加。やがて全米規模の議論となり、法改正の動きも生まれるなど、それまで「見えない存在」だった被害者らが「見える存在」となった時、問題は初めて「現実」として認識された。

 沖縄は日米関係を「揺るがす」存在だが、政治の世界で「沖縄」が顔を現すことは滅多にない。果たして「標的の村」は、沖縄を見える存在へと変えうるか。映画の中で出会ったたくさんの顔を思い浮かべながら、マンハッタンの街を後にした。(米国特約記者・平安名純代)

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?