タイムス×クロス ニュースナビ+プラス

「食物アレルギー統一調査票導入」を読み解く 安心な修学旅行へ一歩

2019年2月13日 17:07
栩野 浩
栩野 浩(とちの ひろし)

OTSサービス経営研究所社長。1962年生まれ、大阪市出身。P&G、ボストンコンサルティングを経て、2002年にコンサル会社を起業。06年より沖縄の地域振興に従事。17年から現職。

 県は来年度から修学旅行などで沖縄を訪れる子どもたちを対象に、食物アレルギー情報を記入する統一フォーム「食物アレルギー事前調査票」を導入すると発表した。フォームを利用し、保護者が記入したアレルギー情報を旅行社や宿泊施設、レストランなどと共有する。

★新企画「ニュースナビプラス」とは? 百貨店やコンビニなどを抱える小売業大手の会長、人工知能(AI)を研究する大学教授、スイーツ開発・販売業社長、旅行会社のシンクタンク社長、仕出し店とIT企業を経営する若手社長の5氏が、それぞれの専門的な知見を基に、国内外の気になるニュースを読み解きます。

あわせて読みたい

関連リンク

タイムス×クロス ニュースナビ+プラスのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS