沖縄タイムス紙面掲載記事

[記者のメモ]/若者と意見交換に満足

2019年2月13日 05:00

 ○…県民投票のシンポジウムに登壇した渡久地修県議(共産、那覇市・南部離島区)。沖縄の歴史をひもときながら基地問題の理不尽さを説き、「子や孫の未来にどの1票を託すのかと訴えていきたい」と語った。一方、参加した学生から「若者は暮らしと歴史が結び付いておらず基地問題を正しく認識できていない」と感想が。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気