県立中部病院(うるま市、松本廣嗣院長)と県立南部医療センター・こども医療センター(南風原町、我那覇仁院長)の敷地内にこのほど、院内保育園が設けられた。県立病院への設置は1980年代に閉鎖された中部病院以来二十数年ぶり。2病院は看護師や医師、職員の子育てと仕事の両立を支援したい、としている。