来春から小学校で使われる社会科教科書に、領土教育を強める安倍政権の意向が影を落とした。尖閣諸島を「日本固有の領土」と表現し、中国側が違法行為を繰り返しているとの記述も。「外国を敵視している」「領土を守る教育は当然」-。尖閣を抱える八重山は、教科書の“変容”に揺れる。