沖縄電力(浦添市、大嶺満社長)は13日、再生エネルギー発電事業者からの電力受け入れを制限する出力制御について、天候や需給バランスなど、条件が変わらなければ、5月ごろまでは、出力制御がないとの見通しを発表した。