アイムホーム(北谷町、渡久川剛社長)とデザインスタジオ琉球樂団(浦添市、久高実社長)の合同会社コルディオリゾートが、沖縄県恩納村瀬良垣にコンドミニアム「ロワジールリビングスイーツ瀬良垣」を建設している。同社は「県内では本土系デベロッパーによるリゾート開発が盛んな中で、地元事業者による土地取得から建築まで一貫した取引は少ない」としている。

「ロワジ-ルリビングスイーツ瀬良垣」の完成予想図

アイムホームの渡久川剛社長(左)とデザインスタジオ琉球樂団の久高実社長=沖縄市・沖縄タイムス中部支社

「ロワジ-ルリビングスイーツ瀬良垣」の完成予想図 アイムホームの渡久川剛社長(左)とデザインスタジオ琉球樂団の久高実社長=沖縄市・沖縄タイムス中部支社

 約5412平方メートルの敷地に地上7階の客室棟(延べ床面積約8290平方メートル)と地上2階建ての屋外プール棟(同653平方メートル)がある。105室ある部屋は45~94平方メートルと広めに設定した。

 コルディオリゾートは昨年9月に万座プロパティー合同会社と売買契約を結んでおり、工事が終わり引き渡された後の7月10日に開業予定。ソラーレホテルズアンドリゾーツが運営する。

 コルディオリゾートは2015年11月から本島中北部で約20のコンドミニアムとヴィラを建設した実績がある。その中でも今回の「-瀬良垣」は最大規模。渡久川社長は「地元のわれわれでもやればできるということを示したかった」と話す。