渡名喜島の沖合約4キロにある入砂島に予防着陸し、点検のため読谷村の米軍トリイステーションに運ばれていた米軍普天間飛行場所属のAH1攻撃ヘリが飛行を再開し、15日午前10時55分に同飛行場に戻ったのが確認された。沖縄防衛局から連絡を受けた宜野湾市によると、着陸時のトラブルなどはないという。