県民投票が告示された14日、各市町村選挙管理委員会や関係機関では、15日から始まる期日前投票や24日の投開票日に向け、職員を増員するなどして作業に追われた。一時不参加を表明し紆余(うよ)曲折を経て実施を決めた5市の選管でも職員が急ピッチで作業に当たり、15日中には入場券が県内全有権者に届く見通しだ。