辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票が告示された14日。かりゆしウエアの会社員や買い物帰りの主婦らが行き交う県庁前で正午すぎ、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)ら約20人が投票を周知するチラシを配った。「どんな考えの人も基地問題について議論を深めてほしい」。