わいせつ行為や飲酒運転などで2018年に懲戒処分を受けた県警職員が5人だったことが14日、公文書の開示請求で分かった。証拠品の紛失などで、懲戒に至らない訓戒処分を受けた職員も24人いた。