胡弓と笛、箏を主にした演奏会「琉球器楽の会〜Reverberation〜」が2日、那覇市のパレット市民劇場であった。森田夏子(胡弓)、入嵩西諭(琉球横笛)、池間北斗(琉球箏)が古典音楽で伴奏の役割を務めることの多い三つの楽器を前面に、新曲や新たな編曲による古典の演奏で、音色の多様性を示した。