離島県のため、主な生活資材を県外からの移入に頼る沖縄。経済規模が小さく、輸送コストもかさむため、製造業の割合も低く、県外への出荷は少ない。 沖縄地区税関が発表した2018年の貿易統計では、輸出額は291億円で、輸入額は1751億円。1460億円の輸入超過だった。