ツイッターに不適切な投稿をして裁判当事者の感情を傷つけたとして、最高裁から戒告処分を受けた東京高裁の岡口基一裁判官(52)に、国会の裁判官訴追委員会(委員長・田村憲久衆院議員)が事情聴取のため出頭を要請したことが16日、関係者への取材で分かった。訴追委は岡口氏の説明を踏まえ、罷免を判断する国会の裁判官弾劾裁判所に訴追するかどうかを決める。

 岡口基一裁判官

 昨年10月17日の最高裁の決定によると、岡口氏は同年5月、高裁で判決があった犬の所有権を巡る民事訴訟に関しインターネットの記事を引用、「え?あなた?この犬を捨てたんでしょ?」などと投稿。訴訟を起こした飼い主を傷つけた。(共同通信)