大阪都構想の制度案(協定書)を作る大阪府と大阪市の法定協議会を巡り、公明党大阪府本部の林啓二幹事長は16日、次回22日の法定協会合で、大阪維新の会の松井一郎府知事らが求める委員間協議への移行に応じる可能性を示唆した。

 法定協では協定書の取りまとめに向けた委員間協議には入っていない。吉村洋文大阪市長は公明の対応を見極め、統一地方選に合わせた知事・市長のダブル選に踏み切るかどうか判断する意向を示している。

 都構想の住民投票には法定協で協定書を作成、府市両議会で可決する必要があるが、大阪維新の会はいずれも過半数の議席を持たず公明党の協力が不可欠となっている。(共同通信)