沖縄タイムス+プラス ニュース

国が沖縄に責任転嫁 普天間5年内停止 県政替わり「辺野古とリンク」

2019年2月18日 05:10有料
9秒でまるわかり!
  • 国と県が約束した普天間の「5年以内の運用停止」が今月末で期限
  • 翁長県政後、国は辺野古移設を前提としたリンク論で県に責任転嫁
  • 2014年、負担軽減を目指して始まった会議は4回のみ。議論進まず

 国と県が約束した米軍普天間飛行場の「5年以内の運用停止」が今月末で期限を迎える。18日は、2014年に普天間の危険性除去を議論する国、県、宜野湾市による負担軽減推進会議が初めて開かれた日だが、この5年で本会議の開催は4回にとどまるなど取り組みは停滞し、形骸化していた。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807
連載・コラム
記事を検索