【イスラマバード共同】サウジアラビアのムハンマド皇太子が17日、パキスタンの首都イスラマバードを訪れカーン首相と会談、両国は鉱物資源や石油化学製品、再生可能エネルギーなどで協力する合意文書に署名した。パキスタンメディアによると、合意に伴い、財政危機を抱える同国にサウジが200億ドル(約2兆2千億円)規模を投資する。

 パキスタン首都近郊の空軍基地で、サウジアラビアのムハンマド皇太子(左)を出迎えるカーン首相=17日(パキスタン政府提供、ロイター=共同)

 皇太子はインドや中国も訪問する予定。昨年10月のサウジ人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件への関与が疑われ、欧米諸国を中心に国際的な批判を受ける中、アジアで友好国を広げる狙いがあるとみられる。(共同通信)