「県民に反基地、反安保の感情がすり込まれる」―。読売新聞は昨年12月、「日米同盟と沖縄」と題した連載企画で沖縄2紙を取り上げ、元防衛相のこんな指摘を掲載した。  在沖米海兵隊幹部の「地元紙が米軍の良いことを書くことはない」との見解も紹介。