【東京】名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を前に「自分ごと」として考えようと、東京や埼玉で11日、シール投票が行われた。県民投票と同じく「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で、「反対」が圧倒的多数を占めた。