沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】仲裁せずに門前払い 係争委の存在意義は

2019年2月19日 14:14

 国地方係争処理委員会は、沖縄防衛局の行政不服審査法(行審法)に基づく申し立てに対する国交相の執行停止決定の内容について、またも違法性を判断しないまま審査対象になるか否かの「入り口論」で県の申し出を門前払いした。 地方自治法では行審法の中で下される国の決定は係争委の審査対象から除外される。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS