【平安名純代・米国特約記者】在日米海兵隊トップのウィスラー司令官は10日、ワシントン市内で講演し、県が求めている米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止について「新しい施設ができるまで動くことはできない」と否定し、名護市辺野古沖の代替施設が完成するまで普天間の使用を継続する方針を明らかにした。