日米両政府が米軍普天間飛行場の移設条件付き全面返還に合意してから12日で18年になる。仲井真弘多知事は昨年12月、名護市辺野古への移設に伴う埋め立てを承認。夏ごろには沖縄防衛局が辺野古沿岸で海底の地質などを調べる掘削作業を実施する見込みで、反対派住民との衝突も予想される。