日野自動車は19日、速度計のセンサーの不具合のため、針の振れに異常が出て正確な値を表示しない恐れがあるとして、大型トラック「日野プロフィア」5万5731台(2010年6月~17年5月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。事故はないが、不具合535件が報告されている。

 日野自動車の大型トラック「プロフィア」

 国交省によると、センサーの基板に使われているはんだの量の不足や、トラックが鉄くずを積み降ろしする際に電磁石がセンサーに影響を与えるのが原因。センサーを交換する。(共同通信)