マレーシアでリゾートホテル運営や不動産開発などを展開する大手複合企業「ベルジャヤ・グループ」と世界的な高級ホテルブランドの「フォーシーズンズホテルズアンドリゾーツ」は18日、恩納村の恩納通信所跡地に280室のリゾートホテル「フォーシーズンズリゾートアンドプライベートレジデンス沖縄」の開発計画を発表した。完成まではおよそ4年を見込んでいる。

フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツとベルジャヤの沖縄開業計画、プレスリリース写真

フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツとベルジャヤの沖縄開業計画、プレスリリース写真

 同ホテルの総面積は40ヘクタール以上で、客室はホテルタイプ120室、レジデンスタイプ120室、ヴィラタイプ40棟を建設する予定だ。24時間営業のレストランや、ラウンジ、レクリエーション施設、公共グラウンドなどを併設する。総開発費は4億ドル(約443億円)を想定している。

 ベルジャヤ・コーポレーションのタン・スリ・ダト・セリ・ヴィンセント・タン会長は「沖縄本島の中心という戦略的な立地にフォーシーズンズのブランド力と運営が加わることで、沖縄で最高峰のホテルになると確信している」とコメントした。