共同通信 ニュース

「一歩前進」とスポーツ庁長官 球数制限検討の有識者会議設置に

2019年2月20日 20:08

 日本高野連が理事会で、投手の球数制限を検討する有識者会議の設置を決めたことに、スポーツ庁の鈴木大地長官は20日、「半歩、一歩前進したという気がする。高校生が故障して投げられなくなる状況をつくらないよう、話し合いを続けてほしい」と歓迎する意向を示した。

 今春の県大会での球数制限導入を目指していた新潟県高野連に、再考を求めるとした決定については「独自の取り組みということでいいのではないか」と疑問を呈した。理事会で新潟県高野連の考えに賛同する声が出たことは「故障を防ぎ、またいろんな人にチャンスを与えるという意味でもいいことだ」と述べた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS