神戸市は20日、ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の本庶佑特別教授(77)に名誉市民の称号を贈った。神戸市を拠点とする公益財団法人「神戸医療産業都市推進機構」の理事長を務める本庶さんは「神戸で新しい医薬品が開発され、世界に名が響き渡ることを願っている」と述べた。

 名誉市民の称号を贈られあいさつする京都大の本庶佑特別教授=20日午後、神戸市

 市内のホテルで開かれた贈呈式で久元喜造市長が賞状を手渡した。本庶さんは月に数回、機構を訪れてリウマチなどの症状改善に向けた基礎研究を担当する若手らを指導。「若い人には元気に研究活動してもらいたい」とエールを送った。(共同通信)