沖縄タイムス+プラス ニュース

安倍首相「支持がないのは承知している」 辺野古移設で答弁

2019年2月21日 12:35

 【東京】安倍晋三首相は20日の衆院予算委員会で、沖縄との信頼関係に関し「われわれが進めている(辺野古新基地建設の)方針に現在支持をいただけていない状況があるのは承知している」と述べた。

安倍首相

 橋本龍太郎元首相の秘書官だった江田憲司衆院議員は、橋本政権は1996年の県民投票後に大田昌秀元知事と話し合い沖縄政策協議会の設置や特別調整費50億円を計上したことなどを挙げ、緊密さをアピールした。

 安倍首相は「橋本政権の時、真摯(しんし)に取り組まれたのは敬意を表したい。あれから何年たつか。普天間移設ができていないのも事実」とし、安倍政権としては結果重視であることを強調した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS