熊本県で鳥インフルエンザの感染が確認されたことを受けて県は14日、危機管理対策本部会議を県庁で開いた。山城毅農林水産部長は、防鳥ネットや飼育場出入り口での消毒などを農家に義務づけた「飼養衛生管理基準」の徹底指導と順守状況の再確認、異常を発見した場合の早期通報などで市町村と連携する方針を報告した。