2025年大阪・関西万博の会場となる大阪湾の人工島・夢洲を巡り、吉村洋文大阪市長は21日、「F1大阪グランプリを是非実現したい」と述べ、万博開催後の会場跡地の公道を利用し、自動車レースF1を開催したい考えを示した。

 記者会見で自動車レースF1の開催意向を示す吉村洋文大阪市長=21日午後、大阪市役所

 吉村市長は記者会見で、大阪府と市が目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の夢洲誘致が前提とした上で「(夢洲を)非日常の人工島、ここにしかない最高のエンターテインメントエリアにしたい」と発言。

 F1構想を挙げ「世界から投資を呼び込めれば、今の日本で実現できないこともできると思う。公道レースも夢洲だったら実現できるのではないか」と話した。(共同通信)