与那国町への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画を進める防衛省が、駐屯予定地の町有地を3月末で賃貸借契約解除した「農業生産法人南牧場」への損失補償額を当初提示した1億1千万円から積み増し、約3カ月後に2億4千万円で合意していたことが14日、分かった。