【ロンドン共同】トランプ米大統領が、安倍晋三首相から今年のノーベル平和賞の受賞候補に推薦されたと暴露したことを巡り、ノルウェー・オスロのノーベル研究所は21日、共同通信社の取材に対し「推薦に関する質問にはコメントしない」と、見解を示さなかった。同研究所は平和賞の選考主体、ノーベル賞委員会の補佐機関。

 日本政府関係者は、昨年6月の米朝首脳会談後、米政府の要請を受け、ノーベル賞委員会の関係者にトランプ氏の推薦状を送ったと認めている。だが研究所は機密保持規則があり「今年の推薦リストが(50年後の)2069年より前に一般公開されることはない」と述べるにとどめた。(共同通信)