赤ん坊相手に、「気をつけな。アタイみたいに汚れるんじゃないよ」などと悪ぶった下地に降って湧いたピュア疑惑。「ダメ」「違う」「おいしい」「大好き」と、感情赴くままの言動がニアリーイコール(≒)赤ちゃん。でも、ビジュアルが赤ちゃんじゃないからすごく疎まれる。そう、忖度(そんたく)知らずのピュアな大人はただの迷惑。

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」

 時は1887年、細かい階級制度によって国の混乱を回避していたであろうイギリス王室。ヴィクトリア女王67歳が植民地インドからやってきた青年をお気に召し、どんどん高い地位につけるものだから、家臣たちが大混乱。

 実力主義なんて寝耳に水と、ジタバタする家臣を尻目に、女王は有能な美男子と人生最後の青春を謳歌(おうか)する。家臣、ガンバ…。忖度の是非を問う豪華絢爛(けんらん)ロイヤル悲喜劇。

 (桜坂劇場・下地久美子)

◇同劇場で上映