女王をめぐる三角関係がイングランドを動かす。宮廷で繰り広げられる愛憎劇は超上流ゆえの粘度の高さと、童心を思わせる透明感も見せる不思議な味わい。どんな印象にせよ色恋が国の行方を左右するのだからたまらない。 舞台はフランスと戦争中の18世紀初頭イングランド。