沖縄タイムス紙面掲載記事

計画遅れ 軟弱地盤理由/県代理人 菅氏「協力ない」に反論

2019年2月22日 05:00

 菅義偉官房長官が月末が期限の5年以内の普天間飛行場の運用停止が実現しないのは名護市辺野古への新基地建設への県の協力がないことが原因としていることを受け、県側代理人は21日、県庁で開いた会見で「協力があるかないかではなく、軟弱地盤があるため計画が進まないからだ」と反論した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス