京葉銀行(千葉市)は22日、定年後に再雇用した60代の男性行員が2001年1月~18年11月、口座振替の事務手数料計約2億4900万円を着服していたと発表した。12月26日付で懲戒解雇処分としており、千葉県警に業務上横領などの疑いで告訴する方針。

 同行によると、当時、手数料に関する事務の検査や監督を担っており、顧客から徴収した手数料を個人口座に移し、着服していた。

 18年12月、口座振替の伝票に不備が見つかり、内部調査して発覚。既に県警に被害を相談し、今後、弁済を求める。(共同通信)