総合不動産業のケン・コーポレーション(東京都、佐藤繁社長)が、沖縄県糸満市の名城ビーチ周辺の沖縄戦跡国定公園内に開発を計画しているリゾートホテル「PIC琉球ホテルアンドリゾート(全452室)」の建設が3月にもスタートする。22日、糸満市役所で記者会見があり、事業主で同社子会社の沖縄リゾート(糸満市)の山下鉄也代表が発表した。総事業費は約400億円を見込み、2022年夏の開業を予定している。

沖縄リゾートが糸満市名城ビーチ周辺に建設する「PIC琉球ホテルアンドリゾート」の完成予定図(国建提供)

 同ホテルは沖縄らしい南国リゾートをコンセプトに、カップルやファミリー層などをターゲットにしている。1泊1室3万円から。

 敷地面積は約4万2100平方メートル、延べ床面積は約5万9600平方メートル。地上11階建のホテルが2棟あり、コテージタイプの客室が9室ある。敷地内には県内最大級の屋外プールや、MICEでの利用を想定した2千人収容の宴会場、九つのレストランなどの施設を併設する。

 国建が設計し、フジタ・國場組JVが施工する。