沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県民投票 あす24日投開票 デニー知事が街頭で呼び掛け

2019年2月23日 05:00

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票は24日、投開票される。残り2日となった22日、玉城デニー知事は那覇市内の街頭でチラシを配り、投票を呼び掛けた。

県民投票をPRする広告

 15日から始まった期日前投票は、本紙の集計では22日までに33市町村で計18万96人が投票を済ませた。23日に繰り上げ投票となる竹富町を除き、期日前は23日まで(竹富町は22日)。13日時点の投票資格者名簿登録者数は115万6295人(男性56万3478人、女性59万2817人)。

 県民投票自体に法的拘束力はないが、条例では「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択のうち、いずれか多い方が投票資格者総数の4分の1に達したときは、知事はその結果を尊重しなければならず、首相や米大統領に通知すると定められている。

 都道府県単位での住民投票は、1996年9月に沖縄県が実施した、日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小の賛否を問う県民投票以来、全国2例目。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS