【ワシントン共同】2016年米大統領選でトランプ大統領の陣営の選対本部長を務めたマナフォート被告について、ニューヨークの地方検事が銀行取引に関する州法違反で訴追する準備を進めているとニューヨーク・タイムズ紙が22日報じた。

 トランプ氏はロシア疑惑に絡み詐欺などの連邦法違反で訴追された被告の恩赦を排除しない考えを示してきたが、州法違反の事件に大統領の恩赦の権限は及ばない。トランプ氏が連邦法違反に関して恩赦を与えても州法違反で有罪判決を受ければ、マナフォート被告は収監されることになる。(共同通信)