【ワシントン共同】米大統領選にロシアが介入した疑惑を巡り、司法省高官は22日「捜査報告書が2月28日の週に提出されるとの報道は不正確だ」と述べ、月内にも報告書が提出されるとの報道を否定した。米主要メディアが伝えた。

 CNNテレビなどは20日、複数の関係者の話として、バー司法長官が今月中にもモラー特別検察官から捜査報告書の提出を受け、捜査終結を発表する準備をしていると報道。モラー氏が捜査報告書をバー氏に提出後、速やかに概要を議会に報告する計画としていた。

 ただ司法当局者は、2月末のベトナムでの米朝首脳再会談を見据え、日程を外す可能性が指摘されていた。(共同通信)