沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古抗議市民の撮影目的は「挑発への対抗」 警備会社の監視リスト

2019年2月24日 07:00

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う海上警備業務の受託警備会社が抗議市民の顔写真入り監視リストを作っていた問題で、警備会社が反対運動について「挑発」「陽動」「デッチ上げ行為」などがあると表現し、それらへの「対抗手段」として市民を撮影していたことが22日、分かった。2015年6月の警備計画書に「撮影目的」として記して提出し、沖縄防衛局も承諾していた。

反対運動を「挑発」「デッチ上げ行為」などと表現した辺野古の海上警備計画書

 業務は当時、大成建設(東京都)が受注し、ライジングサンセキュリティーサービス(同)に再委託していた。

 撮影目的について「反対・妨害活動での挑発、陽動や加害演出を記録し、警備に不法・不正・不良行為がないことを立証する」と記され、かっこ書きで「反対活動者によるデッチ上げ行為に対する対抗手段」と付け加えている。「各関係機関との情報共有を図り連携を密にする」とも記載されている。

 計画書を入手した川内博史衆院議員(立憲民主)が予算委員会で計画書の提出を受けたか、ただしたのに対し、岩屋毅防衛相は「防衛局の監督官の承諾を得た」と認めた。

 一方で、「防衛局はリストを保有しておらず、市民の写真撮影や氏名、顔写真のリスト作成、個人情報の収集、政府への報告を指示した事実はない」と述べ、写真撮影は警備目的の範囲内との認識を示した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS