岐阜県は23日、豚コレラが発生した同県瑞浪市の養豚場で、全5767頭の死骸埋却や施設消毒といった防疫作業を終えた。19日の検査で陽性反応が出ていた。

 養豚場から半径3~10キロにある同県恵那市の養豚場と民家に対し、出荷やふんなどの運び出しを禁じた搬出制限は3月13日に解除される見通し。3キロ内で豚を運ぶことなどを禁じた移動制限も設定されているが、発生養豚場以外に飼育施設はない。

 豚コレラは昨年9月に岐阜市の養豚場で判明して以降、計5府県で確認された。今月13、14日に感染が分かった愛知県田原市の養豚団地では、同県が防疫作業を実施中。(共同通信)