沖縄タイムス+プラス ニュース

「意思を示しても変わらない」県民投票行かなかった人、理由は諦め 複雑な沖縄の現実

2019年2月25日 06:00有料

 沖縄県民投票では、半数が投票に行かなかった。「賛否を選べなかった」「民意を示しても変わらない」。悩みや諦めなどさまざまな声が上がった。 基地問題には関心があるという中城村の公務員の男性(29)は「普天間飛行場はなくしてほしいが、辺野古の自然が壊されるのも納得できない」と複雑な思いを口にする。

連載・コラム
記事を検索