【東京】与那国島への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備に向けた起工式(主催・沖縄防衛局)が19日、与那国町で開かれる。周辺の船舶や航空機の監視を目的に、約150人の部隊を2015年度末までに配備する計画。式典には、小野寺五典防衛相、西正典次官、岩田清文陸上幕僚長、齋藤治和航空幕僚長が出席する。