沖縄タイムス+プラス ニュース

荻上チキさん、県民投票の全県実施「民主主義の形式を守る成功事例」

2019年2月26日 08:40

 県民投票に関して沖縄で取材している評論家の荻上チキさんが24日、那覇市古島の教育福祉会館で、沖縄タイムスの取材に応じた。県民投票が全県で実施できた一連の経緯について、荻上さんは「民主主義の形式を守るという点では成功事例」とした上で「結果を国政が受け止めて、適正なリアクションをしてこそ、民主主義が完成する」と述べた。

荻上チキさん

 昨年9月の県知事選も取材した荻上さん。今回、ラジオ番組の特集のために「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表らを取材した。

 元山代表がハンガーストライキをしたことに対し「声を上げるために自らの身体をメディア化して世の中に訴えた方法はオールドスタイルだった」と評価。「ネットメディアをどう使うということが注目されがちだが、自分の体をメディア化する手段は運動の選択の幅を示した」と説明した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS